【FF14】誰でもできて手間をかけずに金策する方法教えます!

シェアする

ff14 金策

このタイトルを見ただけだといかにも怪しい匂いがぷんぷんしてきますが、そんなことはありません!

ある商品の値段をマーケットボードで見て、リテイナーに出品するだけの簡単なお仕事です。

スポンサーリンク

手間暇かけずに金策する方法

結論

結論から書きます。

NPCが販売している素材を購入して、それをリテイナーに出品して売る。

これだけです。

クラフターをやっている方なら経験があると思いますが、NPCが売っている素材を使って何か製作するときに、とりあえずその素材をマーケットで見てみると大抵のものが店売りよりも高い値段で出品されているんです。

しかも物によっては99個単位で出品されていて、自分が欲しい数だけ買えないというおまけ付き。

ただ、履歴を見てみると意外にも売れている…。

マーケットで買う人の心理

店売りの素材を買えば安く、しかも自分の好きな数だけ購入できるのにマーケットで買う人の心理には3つあると思います。

①欲しい素材を店売りしているNPCの場所に行くのがめんどくさい

ある特定の1箇所にしか売っていない素材もあります。蛮族ショップだけとか。そこに行くまでに時間やテレポ代がかかるので、時間がもったいないという考えです。

②金額が微々たるものなので気にしない

店売りの素材は言ってしまえばそんなに高くありません。なので、お金持ちのギャザクラ様からすると、少し高い程度であっても完成品の利益に大差ないと考えてマーケットで買ってしまいます。

③そもそも必要な素材が店売りしていることを知らない

ゲームの仕様上どこに何が売っているかはゲーム内で見ることはできません。ネットで検索するしかないですよね。なので欲しい素材が店売りしてないと思い込んでマーケットで買う人は一定数いると思います。

つまり、これらの人をターゲットにNPCが販売している素材にいくらか金額を上乗せしてリテイナーに出品すればギルが稼げるということなんです。

商品を探すコツ

店売りの素材をマーケットで買う人の気持ちがわかったところで、肝心のリテイナーに出品する素材はどう見つけるかです。

これは各サーバーによって値段は違うので一概には言えませんが、しいて言えば”特定のショップだけにしか売っていないもの”に絞って見てみると意外に高く取引されています。

最初に素材を見つける作業さえやってしまえば、あとは売れたら補充するだけなので簡単に金策できます。

ショップNPC一覧

売り方にも工夫を

単純に最安値で99個置いておいても売れません。(売れるときは売れますが…)

少し値段が高くても買う人が必要そうな数で置くと売れやすくなる場合があります。この数はマーケットから売れている履歴を見るとなんとなく掴めるのでやってみてください。

最後に

最後にデメリットだけ述べておくと、店売りの商品なので価格競争が激しいという点がありますね。もしも店売りの値段より安くなってしまっても、最悪自分で使ったりできるので気楽にやりましょう。

1つの出品枠で1,000ギルの利益だとしても20個出品すれば20,000ギルになるので細かく稼いでいきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする